【人気の高い柄】洋服にストライプの生地を取り入れよう

記事一覧

シンプルだが表情がある

裁縫道具

柄を選んで楽しむ

ストライプは、縦縞や横縞の模様のことをいいます。ストライプの生地は一見シンプルに思えますが、実はバリエーションに富んでいてイメージするものに近い作品を作りやすいという特徴があります。それは縞の幅の違いで印象が変わるからです。ストライプには種類がたくさんあります。細い線が一本ずつ同じ間隔で並んでいるものを、シングルストライプといいます。それよりも少し太めの線が等間隔に並んでいる縞は、ブロックストライプです。さらに5mmほどの間隔で配列している縦縞は、ロンドンストライプと呼ばれています。同じストライプの模様でも、幅の若干の違いや配色によって受けるイメージが全く違います。そのため洋服や小物の出来上がりも変化する面白さがあります。またストライプはスーツにもよく使われています。スーツでは感覚が細い縞の生地だと上品な印象になります。逆に広い感覚だと力強く見えます。このように一見単純に見える模様でも生地の選択の仕方でスーツの出来が変わるため、着る人が求めているイメージを表現しやすいといえます。このように配色や幅に変化を与えるだけで全く違う作品ができるストライプ生地を使うと、男女問わず、年齢に関係なくしっくりくる作品が出来上がります。そしてストライプの記事には裁縫がしやすいという長所もあります。まっすぐな線を目安にして裁断ができ、ミシンがけをするのにも目印になりやすく、作りがしっかりしたものが出来上がります。

Copyright© 2018 【人気の高い柄】洋服にストライプの生地を取り入れよう All Rights Reserved.